未経験でうつ病でもIT業界に転職できた【経験談】

転職したイメージ画像

webデザイナーやプログラマー・エンジニアなどIT業界に転職したくても、未経験で実績がないと実際に転職することができるのか不安に思いますよね。

学校やITの知識がなくても、未経験で転職することは可能です。

うつ病を患った後、介護職からwebデザイナーに転職できた自身の体験談も交えながら、どのようにしたらIT業界に転職できるのかをご紹介します。

未経験でうつ病でもIT業界に転職できる

転職を考えるきっかけは、今の職種が合わなかったり人間関係の問題など、人それぞれです。

転職後に就きたい職業も人それぞれですが、近年人気と需要が高まっているIT業界に転職して、Webデザイナーやプログラマーなどになりたい!と考える方も多いと思います。

その際に、実務経験がなかったり、別の職種から転職ができるのか不安になりますよね。

でも、安心してください。

未経験でもIT業界に転職できます。

実際に、うつ病だった私が、未経験からwebデザイナーになることができました

なので、行動さえすれば誰でIT業界に転職できると思っています。

どうやって未経験からIT業界に転職できたのか?

でも、どうやって未経験からIT業界に転職できるのかがわからず、断念してしまう方が多いと思います。

これから需要がより高まる業界への転職を諦めるのは、非常にもったいないことです。

なので、自分がどのように行動して、webデザイナーになれたのかをご紹介していきます。

実務経験や実績はいらない

もちろん実務経験や実績は、あるに越したことはありません。

でも、まったく別の業種からIT業界への転職を考えている方で、実績を持っている人はほとんどいないと思います。

そんな場合は、少しでも勉強をした、という実績を作って置くことがとても重要です。

勉強した実績があるだけで、「この人は勉強もしているし、やる気があるな」と感じ、採用につながりやすくなります。

今は便利な時代で、無料でwebについて学習できるサイトが多くあります。

Progate」などが、実際にHTMLやcssなどのコードを書きながら学ぶことができるので、とても便利です。

でも、自分だけで勉強していると、どうしても壁にぶち当たります。実際に学んだコードなどを、実際の業務でどのように使用するのかが分からないからです。

そんな時におすすめなのが、「超実践型プログラミングスクール」などで、実務で使える技術を学ぶことです。

実務で使える技術が少しあるだけでも、面接官に与える印象はかなり変わります

転職を希望する企業によっては、実務経験や実績に重きを置き、一次審査で振り落とされます。なので、最初から大企業を狙わないことがポイントです。

中小企業では、未経験者でも採用を行っている企業がたくさんあります。

まずは中小企業で、実務経験がなくても募集を行っている企業を探しましょう

探すのに役立つのは「マイナビエージェント」が、Webデザイナーやエンジニアの求人に特化しており、求人数も豊富なのでおすすめです。

大企業に勤めたい方でも、未経験からいきなり大企業に入ることは難しいので、中小企業で実績や技術を身に着けてから、キャリアアップを考えた方がスムーズにストレスなく、転職を行えると思います。

何を行うにも、まずは最初の一歩を踏み出す勇気がとても重要です。

ぜひ、諦めずに夢を掴んでください。