サーチコンソールとアナリティクスの違い【初心者向けに解説します】

サイトを分析するツール

https://fukugyo-shiori.com/wp-content/uploads/2020/02/悩む人_2.jpg
悩んでる人

サーチコンソールとアナリティクスを使ってみたいけど、どのような違いがあるのか教えてほしい。

こんな悩みを解決します。

ウェブ解析ツールはサイトの最適化に活用されています。

その中でもよく利用されているサーチコンソールアナリティクスにはどんな違いがあるのかを解説します。

二つの違いは解析対象

分析を行っているイメージ

サーチコンソールとアナリティクスはどちらもGoogleによって提供されているウェブ解析ツールです。

どちらも無料で利用でき、SEO対策やサイトの最適化などに広く使用されていますが、わざわざ二つのツールに分けられているのは違いが大きいからに他なりません。

一言で言うと、サーチコンソールとアナリティクスの違いは解析対象が異なることにあります。

ユーザーの視点から見たときに、サイトにアクセスするまでについての解析を行えるのがサーチコンソールです。

それに対してユーザーがサイトにアクセスしてから離脱するまでについて解析できるようになっているのがアナリティクスです。

サーチコンソール の活用方法

サイトを分析しているイメージ

例えば、サーチコンソールでは検索流入キーワードについて詳細を解析することができます。

キーワードを入れて検索エンジンで調べたときに検索結果に表示された回数、クリックされた回数、そして検索結果での表示順位について表示できるのです。

表示回数がそもそも少ないという場合にはページに他にどんなキーワードを盛り込むべきかを考えなければならないでしょう。

表示されているのにクリックが少ないのであればメタディスクリプションの書き方を変えるなどの方策を考えることができます

順位が低いのが原因になっていてクリック数が増える様子がないような場合にはコンテンツの充実を図るべきだと判断できるでしょう。

また、サイトの質や信頼性を向上させるためにも活用できるのがサーチコンソールの特徴です。

検索エンジンのクローラーからどのようにして見られているか、ペナルティを受けているか、どんなサイトにあるリンクからアクセスを受けているかといったことがわかります。

サイトリンクを調整したり、サイトのインデックス状況を確認したりすることもできるなど、サイトの外側との関係性についての情報取得と改変をするためのツールとなっているのがサーチコンソールの特色です。

SEO対策をしたいときに必要な情報を手に入れやすいウェブ解析ツールに仕上がっています。

アナリティクスの活用方法

これに対してアナリティクスは、サイトにアクセスしたユーザーのアクションについての解析をすることができるツールです。

例えば、サイトにアクセスしたユーザー数の確認ができ、記事ごとにアクセスしてくれたユーザーをカウントした集計結果も取得できます。

また、ユーザーが滞在していた時間の長さ、一切サイトを見ずに離脱したユーザーの数などについても確認することが可能です。

この他にもセッション数やコンバージョン率などの情報も集められるため、コンテンツを最適化するのに特に適しているウェブ解析ツールです。

ブログサイトやランディングページ最適化などにもよく活用されています。

違いを理解して使い分けよう

サーチコンソールとアナリティクスはどちらもウェブ解析ツールではあるものの、解析対象には違いがあります。

ユーザーがアクセスする前段階における解析をしてSEO対策に使えるのがサーチコンソールアクセスを含むユーザーのアクションを解析するのがアナリティクスです。

よく違いを理解して上手に使い分けるようにしましょう。