【完全初心者向け】WordPressブログの始め方【簡単に約1時間で作れる】

ブログを始めるイメージ画像

https://fukugyo-shiori.com/wp-content/uploads/2020/02/悩む人_2.jpg
悩んでる方

ブログで副業を始めたいけど、サーバーやドメインの設定方法が全くわからない。何から始めればいいのか、初心者にも分かりやすく教えてほしい。

月に数万円から数百万円稼いでる人もいるブログ副業

ブログで副業を始めたくても、やり方が分からないなどのお悩みを持っている方は多いと思います。

そんなお悩みを、イラストや画像を使用して、分かりやすく解決します。

初心者の方でも、約1~2時間でWordPressブログを始める事が出来ます!

https://fukugyo-shiori.com/wp-content/uploads/2020/02/icon_white.jpg
シュン

webエンジニア歴6年の私が、悩んでしまいやすいポイントも、分かりやすく解説します!

初心者の方がブログを始めようとすると、壁にぶつかるポイントがいくつかあります。

自分がWordPressでブログを始める時に悩んでしまった経験を基に、そのポイントについても詳しく解説します。

WordPressでブログを始めるまでの流れ

WordPressのイメージ画像

ブログを始めるにあたって、ワードプレスでブログを行うことをおすすめします。

理由としては、

  • ブログ投稿機能により、簡単に記事をアップすることができる。
  • デザインがおしゃれで、簡単な初期設定のみでブログを開始できる。

からです。

なのでこの記事では、サーバー・ドメイン設定からWordPressの初期設定完了までを解説していきます。

全体の流れ

ステップのイメージ画像

全体の流れとしては下記の内容になります。

STEP.1
サーバーの用意
ブログサイトを作成するためのサーバーを用意しましょう。
STEP.2
ドメインの取得
ドメインを取得して、サイトを公開できるようにしましょう。
STEP.3
サーバーとドメインを結びつける
取得したドメインでサイトが表示されるように、サーバーとドメインを結びつけましょう。
STEP.4
サーバーにWordPressを設置
サーバーにWordPressを設置して、簡単に記事投稿ができるようにしましょう。
STEP.5
WordPressの初期設定
初期設定を行い、ブログ投稿ができるようにしましょう。
設定完了!記事を投稿しましょう。

この流れの中にある、「STEP.3 サーバーとドメインを結びつける」と「STEP.4 サーバーにWordPressを設置」が初心者の方だと難しいポイントになるので、分かりやすく解説していきたいと思います。

ブログを始めるための費用

ブログを始めるには、約7,500円程の初期費用が必要になります。

その内訳としては、以下の内容にないようになります。

  • サーバー契約費(初期費用+月額利用料)
  • ドメイン取得費(お名前.comで.comドメインは760円~)

サーバーは、このブログでも利用している「エックスサーバー」をおすすめします。

理由は、WordPressと相性がよく、SEO的にも有利になることが期待できるからです。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

サーバーのイメージ画像WordPressブログに有利?【副業するならエックスサーバー】

【ブログの始め方】STEP1:サーバーを契約する

サーバーのイメージ画像

まずはサーバーを契約しましょう。

初心者の方でも使いやくておすすめな「エックスサーバー」に加入する方法をご紹介します。

エックスサーバーがおすすめな理由

サーバーは「エックスサーバー 」の他に「ヘテムル」や「ロリポップ! 」などがありますが、なぜ エックスサーバー」がおすすめなのかをご紹介します。

エックスサーバーを利用するメリットは、高速、多機能、安定性です。

実際にエックスサーバーを使ってきて、特に良かったと感じた点を何点かご紹介します。

POINT01:サイトの表示速度がとても速い

表示速度がものすごく早く、快適に利用することができます。表示速度の違いがネット環境によって、多少はことなりますが、他のサーバーと比較すると、ストレスなく、ページを表示してくれます。

POINT02:基本的な機能が全て揃っている

一番安いプランが「X10」ですが、最安のプランでも、ブログサイトを作る上で必要な機能が全て揃っています。

主な機能一覧

  • SSL:無料独自SSL、オプション独自SSLを設定が可能です
  • データベース:「MySQL」MySQL5を利用したデータベース管理が可能です。
  • URLアドレス:独自ドメインの設定が可能です。
  • マルチドメイン:無制限で設定できます。
  • サブドメイン:無制限で設定できます。
  • 簡単インストール:WordPressを簡単にインストールすることができます。
  • 自動バックアップ:自動でバックアップをしてくれます。

これはほんの一部です。

その他に、メール機能や、ブログを公開するまでスムーズに作業できる機能が揃っています。

POINT03:無料独自SSLが設定可能

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略です。

通常URLは「http://」ですが、SSL化するとデータを暗号化して送受信することができ、URLが「https://」となります。

レンタルサーバーによって常時SSL化を行うには、有料(別料金)となってしまう場合あります。ですが、エックスサーバーでは無料でSSLが設定することが可能です。

このような理由から、プロブロガーや企業など、多くのユーザーから利用されていています。

なので、今回はエックスサーバーの加入方法についてご紹介します。

エックスサーバーの加入方法

加入にあたり、まずはエックスサーバーの公式サイトにアクセスしましょう。

サイトにアクセスして画面を開きながら、この記事を参考に作業を進めると分かりやすいです。

エックスサーバー公式サイトはこちら

STEP01:サーバーを申し込む

エックスサーバーの画面キャプチャー

エックスサーバーにアクセスすると、上のような画面が表示されます。

画面に表示されている「ますはお試し10日間無料!」をクリックして、申し込みを進めましょう。

2020年4月30日までに申し込むとドメイン費がずっと0円!

これからエックスサーバーへ加入する方にお得情報です。

現在、エックスサーバーではキャンペーンが行われており、4月30日までサーバー申し込みを行うと、ドメインを無料で取得することができます

先ほどご紹介した「お名前.com」の費用が掛からなくなるだけでなく、ドメインの年間更新費も掛からなくなるため、とてもお得です。

ブログを始めるか迷っている方は、今が始めるチャンスだと思います。

エックスサーバーの画面キャプチャー

お申し込みフォームが表示されるので、「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

申し込みに必要な情報を入力する画面が表示されるので、氏名などの情報を入力しましょう。

プランは最安のX10プランで問題ありません

参考までに、プランの比較表を記載しておきます。

プランX10X20X30
月額費用(税抜)900円1,800円3,600円
初期費用(税抜)3,000円3,000円3,000円
無料お試し期間
ディスクスペース200GB300GB400GB
無料独自SSL無料無料無料
データベース(MySQL)50個70個70個
URLアドレス独自ドメイン独自ドメイン独自ドメイン
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
簡単インストール
自動バックアップ

入力箇所に「サーバーID(初期ドメイン)」という箇所がありますが、ここに入力した内容がサイトのドメインとなる訳ではないので、安心してください。任意の英数字で大丈夫です。

エックスサーバーからのメールイメージ

申し込みが完了すると、ログインに必要な情報が記載されたメールが届きます。

主に重要なのが、「ユーザーアカウント情報」と「サーバーアカウント情報」です。

ユーザーアカウント情報

サーバーの更新手続きや、料金の支払いをする画面にログインするために必要な情報です。

サーバーアカウント情報

サーバー自体の設定や、ドメインとの結びつけ、WordPressの設置などを行う際の画面にログインするために必要な情報です。

両方とも重要な情報なので、忘れたり無くさないように保管しておきましょう

ただ、この状態ではまだ「仮登録状態」なので、「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」にログインして、料金の支払いを行いましょう。

※キャンペーンドメインも、このお支払いが完了後に取得できるようになります。

エックスサーバーの画面キャプチャー

届いた「ユーザーアカウント情報」を「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」のログイン情報入力箇所に入力して、ログインしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

エックスサーバーのアカウント設定画面が表示されるので、「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。

エックスサーバーの画面キャプチャー

支払い内容の選択画面が表示されるので、更新期間を任意の期間にして(3ヶ月でOKですが、1年契約にすると月額料金がお得になります)、「お支払い方法を選択する」をクリックしてください。

クレジット決済の場合は、クレジット内容を入力の上、お支払いをして完了となります。

サーバーの申し込みは、以上で完了になります。

エックスサーバーのキャンペーン中で、キャンペーンドメインを取得できる場合

エックスサーバーのキャンペーン中に申し込みを行った方は、ずっと無料で使用できるキャンペーンドメインを取得する事ができます

エックスサーバーの画面キャプチャー

取得方法は、エックスサーバーの「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」からログインして、「キャンペーンドメイン」をクリックして、取得したいドメイン名を入力し、取得しましょう。

【ブログの始め方】STEP2:ドメインを取得する

続いてはドメインを取得しましょう。

エックスサーバーでキャンペーンドメインを取得できた方は、STEP2でドメインを取得する必要はありません。STEP2を飛ばして、STEP3にお進みください。

ドメインとは、「https://fukugyo-shiori.com」を例にすると「fukugyo-shiori.com」の部分になります。

ドメインを取得するときには、「com」や「net」などの部分も決める必要があります。

自分の好みで選ぶことが可能ですが、日本語のサイトであれば、日本人がみて怪しいと思わない「com」や「net」、「org」や「jp」を使うのがおすすめです。

それ以外の部分に関しては、サイトに関係する名称などを付けると、関連性ができて、覚えてもらいやすくなります。

この記事では多くのユーザーに利用されている、「お名前.com 」でドメインを取得する方法をご紹介します。

ドメインの取得方法

取得にあたり、まずはお名前,comの公式サイトにアクセスしましょう。

サイトにアクセスして画面を開きながら、この記事を参考に作業を進めると分かりやすいです。

お名前.com公式サイトはこちら

お名前.comの画面キャプチャー

お名前.comにアクセスすると、取得したいドメインを入力する箇所があります。

取得したいドメインを入力して、「検索」ボタンをクリックしましょう。

進めて行く中での注意点

取得作業を進めて行くと、「ドメインとサーバーを一緒に管理」等のPRが表示されますが、無視して進めましょう。

サーバーは多くのユーザーから利用されている「エックスサーバー」を利用した方がいいです。

※この記事では「season-blog」というドメインを取得するという設定でご説明しますね。ちなみに、「SEASON BLOG」はこのブログの前の名前です。

お名前.comの画面キャプチャー

取得したいドメインが、既に誰かに取得されている場合は、同じドメインを取得することができません。

その場合は、「.com」にあたる箇所を変えるか、「season-blog」にあたる箇所を変更して、再度検索しましょう。

チェックを入れれるドメインは、問題なく取得することができるので、チェックをして、「お申込みへ進む」をクリックしましょう。

お名前.comの画面キャプチャー

「合計金額」が表示されている下に、チェックボックスが2箇所ありますが、両方ともチェックを付けなくて大丈夫です。

画面右側にあるユーザー情報登録箇所に任意の「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「次へ」ボタンをクリックしましょう。

お名前.comの画面キャプチャー

支払い方法を入力する画面が表示されるので、必要な情報を入力して、「申込む」をクリックしましょう。

お名前.comの画面キャプチャー

申し込みが完了すると、メールが何通か届きます。

そのメールの中に、「ドメインを承認するためのメール」があります。

記載されたURLをクリックして、ドメインの取得を完了させましょう。

【ブログの始め方】STEP3:サーバーとドメインを結びつける

サーバーとドメインの取得が完了したら、その2つを結び付けて、サイトが表示されるように設定しましょう。

ドメインの設定方法

まずは、ドメイン側の設定方法からご紹介します。

お名前.comの画面キャプチャー

お名前.com」のトップページにアクセスすると、右上に「お名前.com Navi ログイン」というボタンがあるので、クリックしてください。

お名前.comの画面キャプチャー

ドメインを取得する際に届いたメールに「お名前ID(会員ID)」と「パスワード」が記載されているので、その情報を入力して「ログイン」をクリックしてください。

お名前.comの画面キャプチャー

上のような画面が表示されるので、「ドメイン設定」をクリックしてください。

お名前.comの画面キャプチャー

ネームサーバーの変更」のボタンが画面中央にあるので、クリックしてください。

お名前.comの画面キャプチャー

取得したドメインにチェックを入れて、「他のネームサーバーを利用」をクリックします。画面下部に、5箇所入力する欄が表示されるので、下記の内容を入力してください。

入力する内容

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

この作業は、「ドメインをどのサーバーに向けるか」を設定するために必要なものになります。

上記は、「このドメインをエックスサーバーに向けます」という内容の設定になります。

入力が完了したら「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

お名前.comの画面キャプチャー

入力内容に問題がなければ、「設定する」をクリックして、設定を完了しましょう。

ドメイン側の設定は、以上で完了になります。

サーバーの設定方法

続いて、サーバー側でドメインを使用するための設定を行いましょう。

エックスサーバー」のトップページにアクセスしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

アクセスすると、画面上部に「サーバーパネル」というパネルがあるのでクリック、サーバー契約の際に送られてきたメールに記載されている「サーバーID」と「サーバーパネルパスワード」を入力して「ログイン」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

設定項目の一覧が表示されるので、「ドメイン設定」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

ドメイン設定追加」のタブをクリックして、お名前.comで取得したドメインを入力します。

入力箇所の下にある2つのチェックボックスに両方チェックが入っている状態で、「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

ドメインの追加設定は以上で完了です。

ドメインがインターネットに浸透するまで、「無効なURLです。」と表示されている画面になりますが、心配いりません

約1時間でしっかりと表示されるようになるので、安心してください。

SSL設定が上手く行かなかった場合

ドメインを追加する際、「無料独自SSLを利用する」にチェックが付いていればSSL化されるはずですが、上手くいかない場合は次の手順で再度SSL化を行いましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

サーバーパネルのトップページにある「SSL設定」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

取得したドメインの右側にある「選択する」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

チャックボックスがありますが、チェックはしないで「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

確認画面が表示されるので、「追加する」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

これでSSL化の設定は完了です。

「http://」にアクセスしても「https://」で表示されるように設定する

SSL化の設定は完了しましたが、設定しただけでは「http://○○○○」にアクセスしたら「http://」で始まるサイトが表示されてしまいます。

これではせっかくSSL化を行った意味がないので、「http://」にアクセスしても「https://」で表示されるように設定しましょう

エックスサーバーの画面キャプチャー

サーバーパネルのトップページにある「.htaccess編集」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

取得したドメインの右側にある「選択する」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

コードを入力する箇所に、下記のコードをコピペして「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_StaticMode
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
エックスサーバーの画面キャプチャー

入力した情報を確認し、「実行する」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

これで、「http://」にアクセスしても「https://」で表示されるようになりました。

サーバーとドメインを結びつける設定は、これで完了です。

あとは、サーバーにWordPressをインストールして初期設定をするだけです。

WordPressのインストールは簡単に終わります

なので、もう少し頑張りましょう!

【ブログの始め方】STEP4:WordPressをインストールする

ブログで記事を簡単に投稿するために、WordPressをサーバーにインストールしましょう。

先ほどまで設定を行っていた「エックスサーバー」の「サーバーパネル」でインストールを行うことができます。

エックスサーバーの画面キャプチャー

サーバーパネルのトップページにアクセスすると、「WordPress簡単インストール」の項目があるので、クリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

取得したドメインの右側にある「選択する」をクリックしましょう。

エックスサーバーの画面キャプチャー

WordPressインストール」のタブをクリックして、赤枠箇所に任意の情報を入力しましょう。

※「サイトURL」の右側入力箇所は空白で大丈夫です。

入力が完了したら「確認画面へ進む」をクリックして、次の画面で表示される情報を忘れないようにメモしましょう

WordPressにログインして記事投稿を行うのですが、その際に必要な情報ですので、大切に保管しましょう。

WordPressのインストールはこれで完了です。

【ブログの始め方】STEP4:WordPressの初期設定

最後にWordPressの初期設定を行います。

WordPressのインストール時に表示されていたWordPress管理画面のURLにアクセスしましょう。

※「https://取得したドメイン/wp-login/」や「https://取得したドメイン/wp-admin/」が、管理画面URLになります。

WordPress画面のキャプチャー

管理画面にアクセスすると「ユーザー名」と「パスワード」を入力する箇所が表示されます。

ワードプレス簡単インストール」の際に入力した「ユーザー名」と「パスワード」を入力して、「ログイン」ボタンをクリックしましょう。

WordPress画面のキャプチャー

上の画面が、基本的なWordPressの管理画面になります。

主に左側にあるメニューから各種設定や記事の投稿を行います。

まずは画面左側のメニューにある「設定」→「一般」をクリックして、一般設定を行いましょう。

WordPress画面のキャプチャー

一般設定画面に表示されている、「サイトのタイトル」にブログのタイトルを入力しましょう。

続いて、「キャッチフレーズ」にブログの簡単な説明を入力しましょう。

続いて、エックスサーバーで「SSL化」を行ったので、「WordPressアドレス」「サイトアドレス」に記載されている「http://」箇所を「https://」として、「s」を追加しましょう。

編集が終わったら、画面下部にある「変更を保存」をクリックして、変更を反映しましょう。

WordPress画面のキャプチャー

続いて、記事を投稿した際に自動できまる「URL」の設定を行います。

画面左側のメニューにある「設定」→「パーマリンク設定」をクリックして、「カスタム構造」箇所を下記の記述に変更しましょう。

/%category%/%post_id%/

この設定を行う事で、記事のURLが「https://fukugyo-shiori.com/blog/221/」とシンプルになり、管理しやすくすることができます。

変更が完了したら画面下部の「変更を保存」をクリックしましょう。

続いて、Google検索に認識してもらえるように「Google Search Console」に送信する「ブログのサイトマップ(ブログに関する地図の様な物)」を作る「プラグイン」をインストールして設定を行いましょう。

Google Search Console とは

Googleが無料で提供しているサービスで、サイトの情報を登録・設定することによって、検索結果で上位に表示されやすくする「SEO対策」を効率良く進めることができます。

プラグイン とは

WordPressで標準的についている機能の他に、便利な機能を自由に選んで追加できるものをいいます。サイトマップを自動で作ってくれたり、サイトのセキュリティ対策が行えるものなど、色々なものが配布されています。

画面左側のメニューにある「プラグイン」をクリックして、サイトマップを自動で作成してくれるプラグインを追加しましょう。

WordPress画面のキャプチャー

プラグインの画面に移動すると、上部に「新規追加」のボタンがあるのでクリックしましょう。

WordPress画面のキャプチャー

「プラグイン追加」の画面に移動すると、画面右側に検索するための入力フィールドがあります。

そこに「Google XML Sitemaps」と入力して検索すると、「Google XML Sitemaps」というプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックして、インストールが完了したら「有効化する」をクリックしましょう。

続いては、そのプラグインの設定を行いましょう。

WordPress画面のキャプチャー

画面左側のメニューにある「設定」→「XML Sitemaps」をクリックして、プラグインの詳細設定を行います。

設定内容は、以下の画像を参考に設定をしましょう。

WordPress画面のキャプチャー

変更が完了したら、画面下部の「設定を更新」をクリックしましょう。

WordPress画面のキャプチャー

先ほどの設定画面上部にある赤枠箇所のURLは「Google XML Sitemaps」でサイトマップをGoogleへ送信する際に必要になるので、メモしておきましょう。

続いては、「Google Search Console」でサイトマップを送信して、ブログが公開されたことをGoogleに送信しましょう。

Google Search Consoleの設定方法

まずは「Google Search Console」にアクセスしましょう。

Google Search Console公式サイトはこちら

サーチコンソールの画面のキャプチャー

Google Search Console」の公式サイトにアクセスすると「今すぐ開始」のボタンが左下にあるので、クリックしましょう。

サーチコンソールの画面のキャプチャー

「Google Search Console」を利用するにはGoogleアカウントでログインする必要があるため、まだ持っていない方は、「アカウントを作成」から無料の新規作成を行いましょう

アカウントの作成が完了したら、作成したアカウントでログインしましょう。

サーチコンソールの画面のキャプチャー

ログインを行うと、画像のような画面が表示されます。

プロパティを検索」をクリックすると「プロパティを追加」のボタンが表示されるのでクリックしましょう。

サーチコンソールの画面のキャプチャー

サイトの登録を行う方法は画像の通り2パターンあるのですが、右側の「URLプレフィックス」の方が簡単です。

ブログサイトのURLを入力して「続行」ボタンをクリックしましょう。

サーチコンソールの画面のキャプチャー

続いてサイトを設定するために必要な「HTMLタグ」というものが表示されているので、「コピー」をクリックしてコードをコピーしましょう。

「Google Search Console」の画面はそのままにして、いったんWordPress管理画面の作業に移ります

WordPress画面のキャプチャー

画面左側のメニューにある「外観」→「テーマエディター」をクリックすると、注意喚起のメッセージが表示されますが、「理解しました」をクリックして問題ありません。

WordPress画面のキャプチャー

画像の様な画面が表示されるので、画面右にある「テーマヘッダー」をクリックして、コードが記載されている赤枠箇所に、「Google Search Console」でコピーしたコードを張り付けましょう。

貼り付けが完了したら、画面下にある「ファイルを更新」をクリックして、「Google Search Console」の画面に戻りましょう。

サーチコンソールの画面のキャプチャー

指定された場所に貼り付けが完了したので、「確認」ボタンをクリックしましょう。

サーチコンソールの画面のキャプチャー

設定に問題がなければ上のような画像が表示されるので、「完了」をクリックしましょう。

サーチコンソールの画面のキャプチャー

続いて、サイトマップをGoogleに送信するので、画面左側にある「サイトマップ」をクリックしましょう。

WordPressプラグイン設定の画面でメモした「サイトマップのURL」を赤枠箇所に貼り付けて「送信」ボタンをクリックしましょう。

※「サイトマップのURL」箇所に入力する文字は、同じような設定で進むことが出来れいれば「sitemap.xml」で問題ないはずです。

以上で全ての設定が完了しました!

沢山の設定、本当にお疲れ様でした!

長い説明を最後まで読んでいただいて、とても嬉しいです。

記事を投稿しましょう!

早速、WordPressの管理画面から記事を投稿しましょう。

WordPress画面のキャプチャー

画面左側のメニューにある「投稿」→「新規追加」をクリックして、自由に記事の内容を入力して投稿を行いましょう。

アフィリエイトサービスについて

ブログでアフィリエイトを行うのであれば、まずはアフィリエイトサービスで一番有名な「A8.net」がおすすめです。

会員登録無料で利用できて、広告が上手く行けば何万円も稼ぐことができます。

A8.net公式サイトはこちら

ブログサイトのデザインについて

WordPress初期設定のデザインでも問題ありませんが、有料のテーマを使うと一気にブログサイトのクオリティーを上げることが出来ます

自分でデザインを修正しようとすると「HTML」や「CSS」といった言語を変更しながら修正するしかないので、かなりの時間が掛かってしまいます

それよりも簡単におしゃれにできるテーマを購入してしまった方が、効率的にブログ副業を行えます

また、SEO対策が行われていたり、投稿をする上で便利な機能が付いている良いテーマがたくさんあります。

その中でも初心者の方におすすめのテーマをいくつかご紹介します。

おすすめのWordPressテーマ

ブログの投稿を楽しみましょう!

ブログを楽しみながら更新を行いましょう。

最初の内はドメインパワーも弱く、なかなかGoogle検索結果に表示されにくいですが、記事数を増やしていき、長く続けることにより、少しずつブログに訪れてくれる人が増えていきます。

あせらずに、ブログを楽しみながら更新を行いましょう

この記事を読んで「役に立った」と思って頂けたら、記事をシェアしてくださると嬉しいです。