副業として人気のアフィリエイト【どういう仕組みなのか解説】

お金を稼いでいるイメージ

https://fukugyo-shiori.com/wp-content/uploads/2020/02/悩む人_2.jpg
悩んでる人

アフィリエイトで稼げるってよく聞くけど、どういう仕組みなんだろう。初心者にも分かりやすく教えてほしい。

こんなお悩みを解決します。

アフィリエイトの仕組みを簡単に説明すると、「商品やサービスの広告をブログなどに掲載し、そこから商品が買われると報酬が発生する」というものです。

アフィリエイトは副業として高い人気がありますが、きちんと仕組みを理解しないまま始める方も多いはず。

始める前に、報酬をもらえる仕組みを理解しておきましょう。

アフィリエイトの契約の仕組み

アフィリエイトの仕組みのイメージ

アフィリエイトはクライアントとの契約に基づき、成果に応じた報酬をもらえる仕組みになっています。

クライアントは商品やサービスをウェブ上で販売したいと考えている企業が主で、ウェブマーケティングの方法の一つとしてアフィリエイトを活用しています。

クライアントが売りたいと考えている商品やサービスの注文や申し込みのページにリンクした広告をブログやウェブサイトなどに貼り、閲覧したユーザーにクリックなどのアクションを起こしてもらうと報酬につながるというのが基本的な仕組みです。

報酬になるかどうかを判定する基準は案件ごとに定められていて、その条件を満たした数に比例する形で毎月報酬が支払われます。

アクションによって報酬が決まる

アフィリエイトでは契約に記載された特定のアクションに関して数をカウントし、その数と単価の積算によって報酬額が決まる仕組みになっています。

昔からよく基準にされているのがブログやウェブサイトに掲載された広告のクリック数で、クリック単価が契約上に定められています。

ただ、クリックしたユーザーはクライアントの用意した購入ページや申し込みページに行くだけなのでクライアントに利益が生まれるとは限りません。

そのため、現在主流になっているのは広告をクリックした上で購入や申し込みをした数をカウントし、その数と単価の積算によって報酬を決めるという形です。

アフィリエイトの利用の仕組み

アフィリエイトで稼ぎたいという人も、アフィリエイトを活用して売り上げを伸ばしたいという企業も、互いに機会を見つけるのがそれほど簡単ではないのは容易に想像できるでしょう。

アフィリエイトを使いたい企業を探すのも、アフィリエイトをしてくれる個人を探すのも大変だからです。

そのため、アフィリエイトサービスプロバイダー、ASPと呼ばれる仲介業者が活躍しています。

企業はASPのサービスを利用して売りたい商品やサービスを登録し、個人はASPに登録されているものの中から魅力がある商材を探して請け負うという形ができているのです。

報酬の受け渡しについてもASPが間に立ってくれるので安心して利用できるようになっています。

ASPを利用するのが今の主流

広告を掲載して確かにかなりの数のユーザーがクリックしてくれても、商品やサービスを購入してくれたのかどうかがわからないのが一般的です。

それをきちんと監視して成果に応じた報酬を確実に支払ってもらえる仕組みをASPが作り上げてくれています。

自分で運営しているサイトでないとユーザーの行動について解析できないのは確かで、本当にアフィリエイトの報酬額が正しいのかは不安になりがちです。

その問題を解決する仲介役としてASPが登場したことにより、安心してアフィリエイトに取り組めるようになっています。

成果報酬の仕組みが基本のアフィリエイト

アフィリエイトは商品やサービスのマーケティングをしたいクライアントからの依頼を受けてブログやウェブサイトなどに広告を掲載すると、その広告のクリックやクリックを経た購入に対する成果報酬を受けられるというのが基本的な仕組みです。

ASPの登場によって報酬額の算出や報酬の受け渡しについてトラブルがなくなる仕組みができています。

どこを利用しようか迷っているのであれば、商品掲載数が多くて有名な「A8.net」が良いと思います。

A8.net公式サイトはこちら

有名アフィリエイターから初心者まで人気のあるASPです。

ASPの仕組みを理解した上で商品を購入してもらえるような記事を書き、アフィリエイトで稼ぎましょう。