ブログ更新の頻度と内容【アクセス数増加に繋がるための注意点】

ブログ記事を書いているイメージ

多くの人に読んでもらえるブログにするためには更新の頻度に気を配る必要があります。

ブログ更新のタイミングや記事の内容に関する注意点について学びましょう。

更新回数の多さと閲覧者の数はほぼ比例する事実を把握することが大切

スマホを見ているイメージ

ブログの更新は活動の継続をアピールする効果がある

閲覧者が多いブログの特徴として更新頻度の高さが挙げられます。

短文の記事であってもこまめに更新を行っているブログは常に賑わい、閲覧者ランキングでも上位をキープしていることは珍しくありません。

逆に更新が少ないブログは内容を問わず閲覧者が少ない傾向にあります。

これは記事の更新にブログの運営を続けていることをアピールする効果があるためです。

管理者が記事を作成してブログを更新することで、そのブログがまだ活動を続けていると知ることができます。

新しい記事を読む楽しみがあるブログは自然と多くの人が集まり、逆にそうではないブログはどんなに良質な記事があっても次第に見る人が減ってしまいます

同じ更新回数でもタイミングで閲覧者の数が変わる

ひと口にブログの更新と言ってもそのタイミングで閲覧者の数が変わる事実は否定できません。

具体的に言えば同じ記事数でも一回でまとめて更新するより、毎日ひとつずつ更新した方が閲覧者が増える傾向にあります。

これは更新回数が多くなることで新しい記事を読む楽しみが増えるためです。

一度に大量の記事を読むのは非常に時間がかかるため、人によっては飽きてしまうおそれがあります。

しかし毎日少しずつ更新するブログなら記事を読む時間が短く済むので飽きる心配がありません。

また、ブログを訪れるたびに新しい記事が更新される形になることから、精力的に活動していると好意的に評価されます。

更新の頻度と記事の質を両立させることが重要

書類と鉛筆とペン

記事の水増しはブログが飽きられる大きな理由

更新の頻度が高いブログほど閲覧数も増えやすくなりますが、その一方で更新ばかりに気を取られてしまい、記事の質が落ちてしまう問題を無視してはいけません

更新の頻度を増すためにひとつの記事にまとまる内容を水増しして複数の記事に分けるケースがあります。

ブログの記事を読んでもらうための工夫である頻繁な更新が主目的になってしまう、本末転倒な事態に陥ってはいけません。

記事の水増しを続けているとブログが飽きられ、閲覧者が減少します

ブログを続ける気持ちが減退しないように、あくまでも良質な記事を作ることを優先し、更新の回数が減ることは仕方がないと割り切ることが大切です。

軽い内容のコラムや小話を取り入れるのもひとつの方法

中身が充実している良質な記事を常に更新するのが理想ですが、時間の都合や資料不足などの理由で理想通りにはならないのが実状です。

記事の内容を水増しせずに更新の頻度を保つには、本格的な記事とは別に軽い内容のコラムや小話を記載する方法があります。

ブログの方向性に沿ったうえで簡単に読むことができる記事を作ることにより、ブログ全体の質を落とさずに更新の頻度も維持することが可能です。

その一方で軽く読むことができるコラムや小話を作るには相応なセンスが必要になるので、文章を書き慣れていない人は無理に手を出さないのが賢明と言えます。

常にブログを更新させるのが閲覧者を増やす秘訣

人気が高いブログの多くは更新頻度が高いのが共通点です。

記事が短くても毎日のように更新することで、そのブログは活動を続けているとアピールすることができます。

ブログを長く続けるには記事の質にこだわるだけではなく、更新の頻度も高く保つことが重要な条件です。

更新のタイミングや記事の内容に気を配り、いつ見ても新しい記事を読むことができる状態にすることが人気ブログになる秘訣と言えます。