ThunderBird(68系)で起こる文字化け等のバグ解決方法

メールのイメージ画像

フリーで使用できるメールソフト「ThunderBird」の最新バージョン(68系)で、文字化け等の不具合と思われる症状が発生していませんか?

症状としては、

  • 画面をスクロールすると文字化け(文字が消える等)などが起こる
  • 文章を打っている時に、文字が消えて見えなくなる
  • 使っていると突然落ちる

などなど。

症状の大体が、メールを読み込んだ後に起こる事が多いようです。

それに対する対応策をまとめてみました。

ThunderBird(68系)で起こる文字化け等の不具合を解決する方法

取り急ぎできる対応をしては、過去の安定版である60.xx 系にダウングレードするしかないようです。

ダウングレードによって、不具合も解消され、問題なく使用する事ができます。

ダウングレードをしよう

ダウングレードをする手順としては、

  1. 60.xx 系をダウンロードする
  2. LANやWiFiの設定を切る(自動でアップデートが始まってしまうため)
  3. 自動で開始されるアップデート更新を止める
  4. 新バージョンがリリースされ、不具合が解消されたら最新版にバージョンアップする

となります。

過去のバージョンをダウンロードしよう

過去のバージョンは以下のサイトでダウンロードする事が可能です。

過去のバージョンDLサイト:https://www.thunderbird.net/en-US/thunderbird/releases/

アップデート更新を止めよう

アップデート更新は、インストールが終わり次第、

ツール】→【オプション】をクリック→【詳細】の項目内にある【更新】のタブをクリック→【更新を確認するが、インストールするかどうか選択する】にチェック→【OK

の手順で、自動アップデートと止める事ができます。

最新版がリリースされたらアップデートしよう

過去のバージョンにすることで、不具合は解消されますが、いつまでも古いままだとセキュリティー的に問題があります。

なので、新しいバージョンが出て、不具合が解消されているようであれば、すぐにアップデートしましょう。

取り急ぎの解決方法としては、ダウングレードするのが効果的なようです。